仮想通貨取引所コインタップ(cointap)の口座開設・手数料・コインの種類など

コインタップ(cointap)手数料

コンタップとは?

コンタップ(COIN TAP)はDMMグループの株式会社ネクストカレンシーが運営する暗号通貨取引所。スマホの簡単操作でビットコインが気軽に取引できる仮想通貨投資の初心者・ライトユーザー向けサービスです。2018年春の正式ローンチに先駆け、1月9日から事前登録の受付を開始!FXなどの金融トレーディング事業で豊富な実績があるDMM。これらのノウハウを活かし仮想通貨領域にも積極参入しています。

取扱いコインは?

取引できる仮想通貨ですがビットコインは確定しますが、他のアルトコイン(草コイン含む)を扱うか?アルトコインの種類や銘柄数については未定のようです。2018年1月11日からスタートする関連会社のDMM BITCOIN(DMMビットコイン)も仮想通貨取引所なので、直接競合しないようそれぞれの特徴を最大化させてくると思われますが、その内容の全貌はまだ明かされていません。

取引手数料は高い?安い?

①取引手数料形式にするのか?または②取引所内での売買形式(コンタップのインフラ内で売買取引)にするのか未定ですが、初心者向けと言うコンセプトなのであれば、おそらく②の路線で展開されると思います。②の場合は手数料と言う概念はなく、コンタップ側で指定した値段でしか売買できませんが、代わりに、需給バランスを気にすることなく確実に売買が成約できる仕組みになります。(※コンチェックやBitflyerでいうアルトコイン販売所と同じ)。これは実質のマージン率が高くなる代わりに、簡単操作で取引できる言わば「コスト>手間」の論理になります。

今後、コンタップのサービスについては段階的にリリースが出てくると思いますので、ICO GATEでも最新情報を発信していきます。