コインチェック Monero,Zcash,Dash,Augurの仮想通貨取扱い停止へ

コインチェックが4種類の仮想通貨を廃止へ

2018/5/18付けで仮想通貨取引所のコインチェックがMonero(モネロ),Zcash(ゼットキャッシュ),Dash(ダッシュ),Augur(オーガー)の仮想通貨取扱いを廃止すると官報で発表しました。予てから匿名性が高いこれら4種類の通貨に関しては取扱い停止を告知していましたが、正式に公告・決定したようです。

見なし業者として収益性の高いアルトコイン取引を強みとして巨額の利益を生み出していたコインチェック社は、仮想通貨NEM(ネム)の流出事件によりネット証券大手のマネックスが買収をして経営再建を進めています。コンプライアンスの観点からグレーゾーン要素を排除するための施策の一環として、これら匿名性の高い仮想通貨の取引を廃止させたと思われます。

官報の内容

コインチェック官報 4種類の仮想通貨の廃止2018年5月18日

仮想通貨交換業の一部廃止の公告

当社は平成三十年六月十八日をもって、仮想通貨交換業において取り扱っている「Monero」「Zcash」「Dash」及び「Augur」(以下「対象通貨」といいます。)の取り扱いを廃止することにいたしました。

平成三十年六月十八日時点で当社が管理するお客様の対象通貨につきましては、平成三十年六月十八日以降に、当社が適当と判断する時期及び方法により、日本円に換金して、当社に開設されているお客様の預かり口座にて管理します。

以上、資金決済に関する法律第六十三条の二十第三項の規定により公告いたします。

平成三十年五月一八日
東京都渋谷区渋谷三-二八-一三渋谷新南口ビル三階
コインチェック株式会社 代表取締役 勝屋 敏彦