IT企業サイブリッジグループがICO関連事業に新規参入 1億円のICO投資ファンドを設立

サイブリッジ ICO 仮想通貨ICOファンド設立

サイブリッジグループがICO投資ファンドを設立

2017年9月12日付け。インターネットサービスや開発を中心に様々な事業を展開するIT総合企業「サイブリッジグループ」がビットコインやイーサリアムを使い、1案件ごとに1000万円程度のICO(トークンセールやプレセール)投資を行う総額1億円のICO投資ファンドを設立したと発表しました。既に第一号案件としてブロックチェーンを活用した新時代電子政府システムプロジェクト「COMMONS OS」にイーサリアムで投資を完了。現状、テック系やIT系スタートアップを中心に広がっているトークン・独自コインによる仮想通貨ICOを地域コミュニティやNPO、宗教法人や技術研究開発などベンチャーキャピタルなど既存のファイナンス方法では調達が難しかった分野にも広げていく意向との事です。以下、自社サイトのプレスリリース記事からの引用となります↓

ICOへの参加方法について

海外ではICOによって調達した資金が適切に運用されない事例や、当初から詐欺を目的とした募集行為などが問題化し、中国では「企業や個人がICOによりトークンを発行し資金を調達することを禁止する」という声明が政府関連機関より出されました。トークン販売をはじめとした暗号通貨による資金調達は各国においてまだまだ法整備も進んでいない反面、新しい資金の調達手段として大きな可能性を持っていると考えます。サイブリッジICOファンドでは、BitBiteCoinを主催・運営し、暗号通貨分野において多くの知見を有するヒューラーキャピタル社の篠原 裕幸氏(https://hiroshinohara.com/)をアドバイザー・パートナーとして迎え、ICO予定のプロジェクトに対して実施可能性や将来性などを精査することで、実現性や社会性の高いプロジェクトに対して応援を行っていく予定です。

対象分野

・ビジネススタートアップ
・行政・地方創生関連
・宗教・コミュニティ
・NPOなどの非営利組織
・科学・自然・医療
・サブカルチャー etc.
※国内だけではなく海外のプロジェクトにも積極的に参加予定です。

詳細リンク

プレスリリース:https://www.cybridge.jp/news/press/00300/

投資ファンドサイト:https://mizuguchi.fund/